ホーム > 院内感染対策

院内感染対策

安心して治療を受けていただく上で、滅菌・消毒は欠かせないものです。

病気を治療するために病院に行ったのに逆に病気をうつされては困ります。

院内感染の大部分は、医療スタッフの意識不足と、医療機関のシステムの欠陥によるものだと言われています。当院ではそれぞれの器具に合わせて徹底した滅菌システムをとっております。

滅菌・院内感染対策について

診察室

通常の歯科治療では手術をすることはありませんが、治療の内容によっては多少出血を伴うことがあります。
そのときに、もし治療器具の滅菌や消毒が不十分だと、前の患者さまに使った器具を介して、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどに感染する可能性が高いことがわかってきました。

歯科医院の滅菌消毒業務には、診療報酬がありません。
一生懸命やればやるほど経費がかさみ、歯科医院の経営は苦しくなっていきます。
しかし、患者さまに安心できる治療、安全な治療を受けていただきたいという思いから、当院では、滅菌消毒をはじめとする院内感染予防に力を入れています。

当院の滅菌・院内感染予防への取り組み

口の中を治療する歯科の分野は想像以上に出血することが多く、その度に器具は汚染されてしまいます。 歯肉炎の患者さんでは、歯ブラシを当てただけでも容易に出血し、外科治療はいうまでもなく歯石をとったり歯の神経をとる治療でも出血は起こります。

また、唾液からの感染も無視できません。

ですから神経質なくらいに院内感染対策を実施し、少しでも安心して治療を受けて頂けるよう配慮しています。 オートクレイブでの医療機器の滅菌はもとより、その他の消毒システムがあり、次の取り組みも実施しております。

  • 患者さまごとに手袋を交換、手洗いを遵守する
  • 患者さまごとに基本器具セットを滅菌パックにて提供する
  • 患者さまのコップ、エプロンは使い捨てにする
  • 注射針は使い捨てにする
  • 治療中、血液や金属の粉をとばさないように配慮する
  • タ-ビン(キ-ンと音がする歯を削る道具)は高温オイル、バーは薬液にて超音波洗浄する

オートクレーブ滅菌パック