ホーム > 自由診療について

自由診療について

最良の治療、最も理想的な診療をご提供するために

当院では、ご来院いただく全ての患者様に最高の診療をご提供できるよう、常に努力して参ります。しかしながら、現在の日本の保険制度、すなわち労働省の定める保険治療の範囲(保険適用として認められている治療の内容)では、確実に限界があるというのが現状です。
そのため、お一人お一人にあった最良の治療を実施しようとする場合、この保険の枠を超える必要がでて参ります。

保険の枠内を超えて治療すること、このことを自由診療と呼び、患者様の必要やニーズに応じて取り入れております。

自由診療とは

主な自由診療の捉え方としては、以下の2つが挙げられます。
①処置の内容(手技や治療の方法など)それ自体が、保険の範囲としては認められていない場合 例)インプラント、矯正 etc...
②治療に用いる素材が、保険の範囲として利用できるものと認められていない場合 例)セラミック、ゴールドなど、「噛む」という最低限の機能以上のものを満たすような高額な素材

自由診療の2つの側面

主な自由診療の捉え方としては、以下の2つが挙げられます。
①処置の内容(手技や治療の方法など)それ自体が、保険の範囲としては認められていない場合 例)インプラント、矯正 etc...
②治療に用いる素材が、保険の範囲として利用できるものと認められていない場合 例)セラミック、ゴールドなど、「噛む」という最低限の機能以上のものを満たすような高額な素材

自由診療を実施する意義

記述したように、保険適用の範囲では、「治療」すなわち生活を営む上で必要最低限の機能を取り戻すための処置の範囲でしか、処置が認められていません。

しかし、それでは回復しない審美的な機能(見た目)や、継続的に使用した場合の将来的な歯への影響などを考慮した診療は実施できません。

ライフスタイルが多様化する現在の社会において、より多くの方のニーズ、ひいてはご期待にもお応えすること、皆様の「選択する権利」を奪わないことが、私達、歯科医業に携わるものの責任でもあります。

私達は常に最良の医療を望まれる方に対して、可能な限りのご提案をさせていただきます。

自由診療のメリット

保険診療に比べ自由度が高く、お悩みをじっくりとお伺いした上で、十分な技術を用いて技工も精密に行うことができます。そのため、非常に満足度の高い仕上がりになります。

また、身体に害のない素材を用いることができたり、審美性や見た目の自然さを追求することができ、それが使用感にも反映されることが数多くあります。

耐久性・審美性・機能、ともに保険適用のものよりも優れた特徴を有し、生活の質(Qualify Of Life)を高める上では、決して高くはない内容のものばかりです。

補償の適用

最低、半年に一度の定期健診をお受けいただくことが前提となりますが、自由診療に関しては、万一に備え、5年間の補償期間を設けています。

この際生じたトラブルについては、使用期間に応じた補償を受けての修理や再制作が可能です。