ホーム > 最新設備の紹介

最新設備の紹介

当院では最新設備を用いて患者様の症状に合わせた治療を致しております。
当院で利用している最新設備をご紹介いたします。

歯科用CTスキャナー

歯科用CTを導入しました

歯科用CT

CTとはComputed Tomographyの略で、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。今までのレントゲンは平面単位の情報しか得られませんでしたがCTでは立体(3D)での情報を得ることができます。

歯科用CTの導入により、より正確な診断ができるようになったことはもりろん、 経過観察などにおいてもわざわざ大規模な病院へ CT撮影に行くことなく、当医院ですぐに撮影できるようになりました。

歯科用CTと医科用CTの違い

医科用CTは、横になって撮影するのに対し、歯科用CTは座ったままで撮影できます。
また、照射時間が約10秒とかなり短く、被爆線量も従来のレントゲンの約1/10であるため、安心安全です。

実効線量

歯科用CTで診断する目的

CT画像では、高度歯科治療(インプラントや歯周病など)の診断に有効であり、従来の平面画像では難しいとされた骨幅などの確認が行えます。CT撮影で様々な角度から診断する事で、安全な診査・診断・治療計画に役立てます。

◎インプラント術前の診断
インプラント術前の診断
◎インプラント術後の診断
インプラント術後の診断

歯科用CTのメリット

歯科用CT

  • 被爆量がかなり少なく安心安全です。
  • 従来のレントゲン撮影では写らなかった情報を得ることができ、より正確な診断と安全確実な治療ができる。
  • スライス幅が最小0.076mmと薄いので、歯の根の先の方向や形状も確認できる。
  • 他の医院へCT撮影に行くことなく、当医院ですぐに撮影できる。
  • 短時間の撮影。(セッティングから撮影まで数分です)
  • 検査結果および術後の評価がその場で分かります。

デジタルレントゲン(パノーラ18)

パノーラ18

従来のレントゲンは、放射線をフィルムに当てて、感光させ現像するものでした。デジタルレントゲンはフィルムを使わずIPプレートと呼ばれるセンサーのようなものにX線の強弱を記憶させこれをスキャンすることによりデジタル画像データとして保存、コンピュータ上でみることができます。デジタルレントゲンの最大のメリットは、少ない被ばく線量で鮮明な画像が得られることです。従来の方法に比べて最大1/10の線量で鮮明な撮影をおこなえることができます。

レーザー治療器

レーザー治療器

今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく虫歯になりにくくします。その他にも歯肉の黒ずみを消したり、知覚過敏を抑えたり、口内炎の痛みを軽減するなど、いろいろな治療に使用されています。
レーザー治療の詳細はこちらをご覧ください。

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器は、細い針を使用しているため、刺した時の痛みが非常に抑えられています。また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくり痛くないように注入が出来ます。どんな痛みであれ、痛みとは不快なものです。当院では、注射による麻酔自体の痛みをなくすために、表面麻酔という事前処置(クリームを塗るだけです)をほとんどの患者様に行ってから麻酔をかけるため、痛みはほとんど感じません。

口腔内カメラ

口腔内カメラ

患者様ご自身の目でお口の中の状態を見ていただき、詳しく知っていただいた上で治療をおこなっています。口腔内カメラで撮影した写真を診療台のパソコン画面に映し出すことができます。患者様へのわかりやすい説明のために使用します。